プロミスのポイント

ATM自社サービスに転換できるポイントとして付与しているのが、消費者金融として有名であるプロミスです。ブランド名としても、知らない人は少ないでしょう。このポイントサービスで重要なのは、ポイントがたまる条件がいろいろとあるところです。ポイントサービスに登録した時にもらえますし、毎月初回ログインの時にも付与されます。お知らせが来ますが、これを確認しただけでもポイントがもらえるのですから、かなり太っ腹なサービスです。他にも収入証明書類を提出したり、返済日のお知らせメールや取引確認メール、パソコンや携帯で書面の授受をおこったりするだけでもポイントがもらえるようになるため、使っているうちにどんどんと溜まっていくのが特徴です。

使い道としては、手数料無料よりも、無利息サービスがお得でしょう。もともと三井住友銀行のATMを使えば、手数料がかかりません。この点を考慮しても、無利息サービスを使ったほうが、メリットが大きくなります。250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間と考えると、長期のほうがポイントの節約にもなるでしょう。大きく借りているときには、金利は大きなものになってしまいます。その時に無利息サービスを使えれば、かなり節約になってきますので、有効なポイントとなってくるでしょう。

活用するのであれば

ノーローンのポイントですが、利息に対する還元となっているところが重要です。どこまでお得になるのかを考える場合、あくまでも利息に対して付与されてくるため、借りている金額にも大きく左右されることとなります。利息の返済時に還元されることになりますが、どのポイントにするのかによっても、還元率が異なる点に注意しなければいけません。

期日10,000円を返済した時の利息に対する還元率は、わかりやすいポイントのひとつです。楽天スーパーポイントに還元した場合には、1.5%の返還を利用できます。Gポイントとネットマイルは0.75%です。ここから考えれば、もっともポイントが貯められるのは、楽天スーパーポイントとなるでしょう。消費者金融を利用するだけではなく、楽天を利用している人であれば、これは大きなメリットになってきます。

選択肢を増やすことを考えれば、Gポイントが最も有効です。還元率は下がりますが、さまざまなポイントに変えられるところは、大きな意味が出てきます。楽天を利用していない場合には、Gポイントを選択しておけば利便性は下がりません。

問題点は、支払いの期日を超えて返済したとしても、ポイントは付加されないところです。返済は計画通りにするとともに、延滞などないようにしていかなければいけません。

ノーローンのポイント

消費者金融の中でも、経営統合は大きく加速しました。大きな企業の傘下になったところもありますし、提携していったところもあります。再編といえる状況の中で、利用者はさらに高い利便性も求められるようになりました。提携先のポイントが利用できるというのもそのひとつです。ただし、使っていればそのままポイントがたまるのではなく、まずは消費者金融のポイントサイトで登録しておかなければいけません。この会員登録が、連携していくと考えればわかりやすいでしょう。あとは、毎月返済をしていくだけです。これだけでポイントがたまっていくことになりますが、どれぐらい溜まっているかはサイトを見ればわかります。

ネットこのポイントは、利息部分に対応しているタイプで、ノーローンがおこなっていることで知られています。これが、提携している楽天スーパーポイントとして利用できるようになるのが大きなところでしょう。他にも、ネットマイルやGポイントにもしていけるのが重要で、Gポイントから他社のポイントやマイルに交換できるため、生活の中で使えるという意味でも、利便性の高い方法といえます。ポイント付与率に関しては、どのポイントにするかで異なってくるため、事前に確認も必要です。

【参考サイト】http://noloan.com/
ノーローンサイトに繋がるURLです。

消費者金融とポイント

お金を借りる必要が出た時には、できるだけお得な方法をとりたいと考えます。当然のことですが、できるだけメリットがある方法を選びたいでしょう。少しでもお得にできれば、金利の分を支払ったとしても、少しでも補てんできるようになるからです。その方法もいろいろとありますが、利用とともにポイントがたまるサービスも出てきました。それも消費者金融の利用でポイントがたまり、利用できるようになってきています。条件によっても違いがあり、一定ではありませんが、うまく使えば便利になってくることは間違いありません。

カードキャッシングのたびにポイントがたまってくる方法は、消費者金融がどんな企業と関連しているのかが重要になってきます。その企業のポイントに使えるようになってくるからです。その企業を利用していなければ、ポイントは活用できない状況を考えると、下調べが必要になってくるでしょう。

もうひとつの方向として、自社のサービスに利用できるポイント形式があります。提携ATMを利用した時の手数料に補填できたり、無利息期間を設定できるようになったりもする方法です。その消費者金融を有効活用できるようになるポイントでもあり、活用次第では金利分を大きくカバーできるようになるでしょう。理解してしまえば簡単で便利なサービスですので、活用しない手はありません。わかりにくいポイントに関しても参考にしながら、消費者金融も上手に使ってみてはいかがでしょうか。